GALLERY事例ギャラリー

TV

必要なものをシンプルにデザインしたテレビボードで、
落ち着いたくつろぎ空間を。雑多になりがちな配線などもすっきり納めます。

TV 一覧へ戻る

愛犬の寝床とトイレスペースをテレビ台下にビルトインし、明るくおしゃれなリビング空間が完成しました。

耐震性のあるip20システム家具にペットケージ機能を合わせることで、
ペットのためのシェルターにもなり留守番時も安心できます。

壁面に向かって左側に犬の寝床、中央にテレビ、右側に犬トイレともともとの配置は変えずに
ワンちゃんも馴染みやすいよう設計しました。
テレビ下は寝床とトイレを繋ぐ犬用の通路となっているので左右の行き来が自由。
AV機器の置き場所もきちんと設けていますので、本来のテレビ台としても役割も果たしています。

掃除のしやすさを考慮して、犬用通路は正面から扉で開くように、
寝床とトイレスペース内部にはそれぞれ照明を取付けて隅々までよく見えるようにしました。

左側は、天井までの大容量の収納棚に。下部は裏の寝床スペースとの兼ね合いで奥行18cmの浅めの収納棚となり、
犬のケアグッズなどの細々したものが出し入れしやすくなっています。
上部は奥行90cmの引出式の収納。かさばる犬グッズを効率よくしまえるよう、
引出のサイズや高さ・位置などを細かく打合せして実現しました。

S様邸ダイニング収納「奥行変更で使いやすく。カウンター下とカウンター上の大容量収納」の施工実例はこちら

お問合せNo. T207
サイズ W3520 H780/2410 D490/950
参考価格 ¥1,100,000 ~ ¥1,300,000(施工費込み・税別) 
納期 ご契約後約2週間~
施工日数 1日
パネルカラー ホワイト
お客様の声 お客様からお寄せいただいた声

一壁面にペットケージ、ペットトイレ、ペットグッズ収納、テレビ台、プリンター置き場、飾り棚と様々な要素がまとまっています。ホワイトとグリーンのコントラストが綺麗です。

before写真。犬の寝床(クレート)と小さいトイレが入っているケージは、中型犬サイズとなるとかなりの大きく、テレビも見えにくくなっていました。

犬用通路で繋がる寝床とトイレスペース。

ベッドの上にテントを設置したいというご要望を叶えるため、天板裏にフックを取り付けました。

間口が狭く奥行が深い収納棚は、引出式にすると使い勝手が良くなります。

トイレスペースの柵は、人間主導で開閉する上からのはめ込み式に。扉のような開閉仕様としなかったのは、万が一犬がぶつかり柵が閉じてしまい、トイレスペースに入れない・出れないといった事態を防ぐため。

雄のワンちゃんということで、トイレにも一工夫。邪魔にならない細いステンレス棒を設け、壁に立ち上げたトイレシートのずれ防止に。

TV 一覧へ戻る